カテゴリ「お気に入りあれこれ」のアーカイブ

テーマ:お気に入りあれこれ,中華そば琴平荘,日常のお話,比内地鶏話,限定商品

比内地鶏メーカー秋田味商の工藤です

久しぶりに都内での販売会に出店します!

 

あきた産直市 in 東京駅日本橋口前(東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館 野外イベントスペース)

 

【日時】

3月11日(月)12:00頃~17:00頃

3月12日(火)10:00頃~17:00頃

3月13日(水)10:00頃~17:00頃

(売切れの際は早終いの場合あり)

 

東京駅の日本橋口を出てすぐの丸の内トラストタワーN館の前、屋外での販売です

 

今回の目玉は・・・

 

秋田県、山形県でしか販売していない超人気のコチラを都内初出品!

 

 

琴平荘(こんぴらそう)×比内地鶏 中華そば

こちらを限定200個販売いたします!

普段は秋田県、山形県の一部のみで販売し人気となっている商品ですが、秋田味商が物産展などに出店する以外は、限定エリア以外での販売をしていません。

しかも都内での販売は初!

 

ラーメン通の方には是非ともお薦めした商品です。

 

その他にも

比内地鶏スープ各種も販売

この販売会だけの、「3ケ買うと・・・」というお買い物していただいた方だけの特別価格もご用意しております

 

3月11~13日、あきた産直市でお待ちしております。

なお、秋田味商含め、出店は8店舗。

いぶりがっこから稲庭うどん、ぎばさ等々。秋田の美味しいもの各種取り揃えてお待ちしております

 

比内地鶏メーカー秋田味商

 


コメントする
テーマ:お気に入りあれこれ,日常のお話,比内地鶏話,限定商品

毎年、出店しております名古屋タカシマヤの人気催事『大東北展』。今年も11月2日~8日までの1週間、出店いたします!

詳細は専用サイトのコチラ

 

2023年、第13回目となる大東北展、今回のテーマは『お祭り』

 

ということで、今回は東北のお祭りの屋台メニューも登場。

秋田味商では、実際に屋台で販売し大人気の『比内地鶏 炭火焼き』を販売いたします

※実演はありません。パック包装した商品の販売になります

また、今年も看板商品の『せり付き 比内地鶏きりたんぽセット』も販売いたします

 

 

そしてそして、秋田山形でしか売っていない地域限定の大人気商品

行列店 琴平荘と比内地鶏のコラボ商品

琴平荘×比内地鶏中華そばも、限定販売します(東海エリアで販売するのは、この大東北展だけ)

 

今年も秋田の美味しいものをご用意して名古屋タカシマヤでお待ちしております。

催事の詳細はコチラから

 

比内地鶏メーカー秋田味商

 


コメントする
テーマ:お気に入りあれこれ,日常のお話,潟上市のこと,秋田な人達

 

10月29日(日)、潟上市飯田川の小玉醸造さんの中庭で『かたがみ市 蔵マルシェ』が初開催されます。

秋田味商でも出店します!お得な中華そばや、比内地鶏の温かいメニューを販売予定です。

 

今回、初開催となるイベント

 

会社のある潟上市

 

潟上市で事業をしている人達と世間話をしている時に『潟上市はイベント少ないよねー』『事業者同士も交流できる、みんなで集まる楽しい場が欲しいね』

などという会話の中から生まれたイベントです

 

出店者は潟上市で事業をしている会社、お店をやっている人、音楽活動をしている人、キッチンカー、潟上市で働く人などなど。

潟上に繋がりがある人達が中心になって行います。

 

初めての試みですが、みんなで自慢のもの、自慢できること、知ってもらいたいことを持ち寄り、皆さんに楽しんでいただける場となるよう頑張ります。

 

ぜひお気軽にお越しください!

スイーツ、菓子パン、醤油、味噌、釣り具、新酒、比内地鶏商品、ペットフード、学習塾、照明器具、グルテンフリースイーツ、ドライフラワー、流木雑貨、バリ雑貨、魚介類の総菜、うつわ、手作りキャンドル、美容マッサージ、韓国系屋台メニューから、

津軽三味線、キッズダンス、ストリートピアノのパフォーマンスも!

 

『出店者』(順不同)

潟上天王つくし苑

菅原春吉商店

中居釣道具

小玉醸造

秋田味商

三浦醤油店

アイリオwithサイン

満点キッズクラブ

進藤電気設計

スイーツ工房Q

TRETAR by KoSaJiKe(トレトール バイ コサジケ)

Matur Suksma(マトゥール スクスマ)

・西村魚屋

はらぺこ雑貨店

Cura Candle(キュラキャンドル)

Ref Beauty(レフ ビューティ)

 

『キッチンカー』

天茶キッチン

・sonidori(ソニドリ)

 

『パフォーマンス』

・津軽三味線 三浦龍

YELLOW BLACK DANCE STUDIO AKITA(キッズストリートダンス)

・Team Katagami Culture(ストリートピアノ)

 

 

 


コメントする
テーマ:お気に入りあれこれ,比内地鶏話,限定商品

比内地鶏メーカー秋田味商の工藤です

 

昨年の第一弾に続き、先月。

秋田空港ターミナルビルさんのオリジナル商品「秋田の極み」シリーズの第二弾が発売となりました。(秋田空港あ・えーる限定販売)

第一弾に続き、今回の商品開発も関わらせていただきました。ありがとうございます。

 

第二弾はこちらの3品

かづの短角和牛ビーフカレー

和牛全体量の1%程度といわれる希少な短角和種。

更には秋田県鹿角産(かづの)の、かづの短角和牛となるとより希少になるわけですが、そんな厳選素材をふんだんに使ったビーフカレー。

 

脂肪分が少なく赤身の旨みが強い短角和種の力強い牛肉を、まろやかな甘みを感じるスパイシーなカレーに仕上げました

 

スープカレーで味わう比内地鶏手羽元

スープカレーといえば札幌かもしれませんが、秋田ならではの比内地鶏をふんだんに使った和風テイストなスープカレーに仕上げております。

『出汁のしっかり効いたスープカレー!』ということで、きりたんぽ鍋に使う鶏出汁の効いたつゆをベースに開発。まさに秋田らしさ溢れる味わい。

肉も普通のお肉ではなく、希少な(秋田のお肉屋さんでも売ってません)比内地鶏の手羽元をご用意、贅沢に2本入れました。

骨付き肉ならではの美味しさ、更には炭火で焼いて香ばしさを出してから使うという、こだわりが詰まりまくりのスープカレーです。

 

ハーブ類が効いた札幌スープカレーとはまた違う、和風ベースの、思わず飲んでしまいたくなるような美味しさのオリジナルなスープカレーになっています

 

中華そば(比内地鶏鶏油、メンマ付き)2人前

 

どこか昔懐かしいような醤油味のスープに、秋田らしさを加えたシンプルながらも味自慢の一杯に

比内地鶏の出汁を使うのはもちろん、スープの味を各段に引き上げる『鶏油(ちーゆ)』も別添。

これもまた希少な比内地鶏の鶏油を贅沢に使用しました。

(全国のラーメン屋さんあちこちからウチに問い合わせが来るほど、その美味しさが特筆されている比内地鶏の鶏油!)

(写真は盛り付け例。商品は麺、スープ、鶏油、メンマが入ります)

 

麺にもこだわり、スープにもこだわり、具材のメンマにもしっかりこだわりました

風味と歯応えが素晴らしい乾燥メンマをじっくりと戻して作る、自家製メンマです。

ラーメン屋さんにも負けないくらいのクオリティに仕上がった自信があります。

 

ということで、素晴らしい食材が沢山ある秋田ですが、その中から更に選りすぐりの素材を使い、こだわって作る秋田空港限定品『秋田の極みシリーズ』

 

ここでしか買えない、ここでしか食べれない自慢の味をぜひお試しください。

 

秋田の極みシリーズは秋田空港ターミナルビルさんのオリジナル商品です。

お買い求めは秋田空港2階売店あ・えーる秋田空港あ・えーるオンラインショップでどうぞ

 

<秋田の極みシリーズ 第一弾もご紹介>

秋田 比内地鶏炭火焼き

 

秋田 比内地鶏砂肝炭火焼き

 

秋田 短角和牛玉こん旨煮

 

比内地鶏メーカー秋田味商

 

 

 

 

 


コメントする
テーマ:お気に入りあれこれ,日常のお話,男の料理,限定商品

比内地鶏メーカー秋田味商の工藤です

 

毎年恒例の夏限定の鍋『生じゅんさい鍋セット』の販売期間も残すところわずかです!

おかげさまで沢山のご注文をいただいております。ありがとうございます。

さて。

先日、初めて三種町のじゅんさい採り体験に行って来ました

 

摘み取り体験の申し込み方法や時期はコチラ

 

まずは予約していた三種町の観光案内所で受付を済ませ、教えられた沼へ

あちこちの沼で収獲体験をやっているようですが、ここでは10名ほどが既に採っていました。

当社でもじゅんさいを扱っているので収獲の様子は何度も見ているし、撮影などでも来たことはありますが・・・

 

いざ、この小舟に190cm近い大男(自分)が乗れるものかと、やや不安も感じつつ笑

乗る前に色々と教えてもらい、いざ小舟に乗ると・・・割りと大丈夫でした(たまに落ちる人もいるようですが)

 

 

舟で移動しながら水面の葉っぱをかき分け、葉の下に繋がる茎についている芽を探します。

見つけたら爪で芽の下あたりをプチっと。葉や余分な部分を切り取すと、いつもの見慣れたじゅんさいの姿に

 

うん。これは楽しいぞ!

あとで鱈腹食べることを想像すると更に楽しい。

そんなこんなで夢中で採ること2時間

 

ルールは時間制限3時間か、収獲用のバケツ一杯になるかで終了なのですが。。。2時間もやると腰と背中がパンパンです。

ずーと、前かがみになって水中を覗いているわけなので、そりゃ腰も背中も痛くなるはずです

 

『じゅんさいは収獲する人が不足している』とよく聞きますが、納得。これを毎日何時間もやるのは大変だ。。。

 

そんなことを思いつつも初めての収穫はとても楽しい経験でした

 

最終的に2時間で切り上げ。

 

重量約1.5kg!

2500円の体験料で、このくらい採れたら十分すぎます。

初めてのじゅんさい採り体験は想像以上に楽しく大満足でした。シーズン終わる前にもう1回行きたいかも

 

料理の写真を撮ってませんでしたが、その後は美味しく

じゅんさい鍋(我が家は、しょっつる味で)と

 

ベーコンとキノコを入れてバター醤油炒め(これがかなり旨い)、定番の生姜醤油で、たっぷりいただきました

 

ということで旬の生じゅんさいも、もう少しで終わりです(収獲時期は例年5月下旬から7月いっぱいくらい)

 

今しか食べれない、人気の生じゅんさい鍋の販売も7月中旬頃には終了予定です。お急ぎください!

比内地鶏メーカー秋田味商

 


コメントする

当サイトに掲載または使用している画像、デザイン及び文章は個人利用を除き、商用での無断使用は固くお断りしております。
必ず(有)秋田味商に連絡の上、許諾を得ていただきますようお願い致します

Copyright © 2008-2024 Akita Ajisho.