テーマ:お気に入りあれこれ,比内地鶏話,潟上市のこと,秋田な人達

秋田味商の工藤です

 

昨年10月に初開催し大勢のお客さんで賑わった【かたがみ市 蔵マルシェ】の2回目を開催いたします

 

今回は、小玉醸造さんの人気イベント【酒蔵開放】の第43回目と合同開催!

 

毎回すさまじい数の来場者で賑わう小玉醸造さんの酒蔵開放もコロナ禍により今回は4年ぶりの開催となるようで、

おそらく多くの酒蔵開放ファンが待ち望んでいたと思います

 

蔵マルシェでは、潟上市で事業や店舗、活動、お仕事をされている方達が集まり、マルシェとパフォーマンスを行います。

キッチンカーも3台登場し、合計20店ほどの出店がありますので、かなり賑やかなイベントになりそうです!

 

秋田味商では、毎回イベントで大人気の「炭火焼き」を販売します(半年ぶりの屋台!楽しみです!)

(昨年出店のイベント、これが秋田だ!の時の写真)

 

炭火焼き以外にも

「比内地鶏出汁おでんいいかな~」

「とりもつ煮いいかな~」と悩み中・・・

 

日本酒イベントだけにツマミになりそうなメニューを、炭火焼き以外にも出します(いつもギリギリまで悩むところ・・・)

 

美味しい比内地鶏メニューを中心に出店いたしますので、お待ちしております!

 

【第2回かたがみ市 蔵マルシェ&第43回 小玉醸造 酒蔵開放】

日時:2024年3月30日(土)10:00~15:00

会場:小玉醸造(潟上市飯田川飯塚字飯塚34-1)

イベントのお問合せ先:小玉醸造 TEL018-877-2100

※建物内でのイベントにつき雨天決行

 

追伸

かたがみ市(いち)実行委員会メンバーを募集しております。

「自分達で潟上市に楽しい場を作っていきたい!」と賛同いただける方、ぜひお待ちしております。

1人の行動、想いが周りも街も状況も変える可能性があるはずです。

自分達が楽しめる場所を作っていきましょう!

 

 

比内地鶏メーカー秋田味商

 

 

 


コメントする
テーマ:お気に入りあれこれ,中華そば琴平荘,日常のお話,比内地鶏話,限定商品

比内地鶏メーカー秋田味商の工藤です

久しぶりに都内での販売会に出店します!

 

あきた産直市 in 東京駅日本橋口前(東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館 野外イベントスペース)

 

【日時】

3月11日(月)12:00頃~17:00頃

3月12日(火)10:00頃~17:00頃

3月13日(水)10:00頃~17:00頃

(売切れの際は早終いの場合あり)

 

東京駅の日本橋口を出てすぐの丸の内トラストタワーN館の前、屋外での販売です

 

今回の目玉は・・・

 

秋田県、山形県でしか販売していない超人気のコチラを都内初出品!

 

 

琴平荘(こんぴらそう)×比内地鶏 中華そば

こちらを限定200個販売いたします!

普段は秋田県、山形県の一部のみで販売し人気となっている商品ですが、秋田味商が物産展などに出店する以外は、限定エリア以外での販売をしていません。

しかも都内での販売は初!

 

ラーメン通の方には是非ともお薦めした商品です。

 

その他にも

比内地鶏スープ各種も販売

この販売会だけの、「3ケ買うと・・・」というお買い物していただいた方だけの特別価格もご用意しております

 

3月11~13日、あきた産直市でお待ちしております。

なお、秋田味商含め、出店は8店舗。

いぶりがっこから稲庭うどん、ぎばさ等々。秋田の美味しいもの各種取り揃えてお待ちしております

 

比内地鶏メーカー秋田味商

 


コメントする
テーマ:日常のお話

比内地鶏メーカー秋田味商の工藤です

 

弊社でオンラインショップの運営お手伝いをさせていただいている仙台市の中華料理店KUROMORIさんからお声がけいただき、

能登半島地震で被害を受けている生産者さんの食材を使った、支援チャリティ販売を開始しました。

商品はコチラ

【能登半島地震復興支援】KUROMORI 加賀れんこんの肉団子 黒酢ソース

 

◎説明◎

石川県金沢市のブランド野菜「加賀野菜」の1つ「加賀れんこん」。
今回の能登半島地震で加賀れんこんの生産者の方々も大きな被害を受けていると伺います。



そんな加賀れんこんの中でも「農事組合法人 蓮だより」さんが生産されている独自ブランド 『川端れんこん』は、黒森シェフもその品質に魅了され古くから親交のある生産者さんです。
今回、「蓮だより」さんも地震の影響で大変な状況にあると聞き、 黒森シェフが『川端れんこん』を使ったチャリティ商品を作っていただき、それを販売をさせていただくことに致しました。

 

おいしく食べていただくことが支援に繋がります。

この商品の売上の一部を直接「蓮だより」さんへ寄付させていただきます。
ご賛同、ご支援いただけましたら幸いです。


こちらの商品はKUROMORIオンラインでも人気の肉団子に、たっぷりと『川端れんこん』を使いました。
肉厚でもっちり粘りのある食感が特徴の『川端れんこん』の良さを生かすよう、 擂りおろしたものと刻んだものを使い、シェフ自慢の肉団子の中にたっぷりと混ぜ込みました。


れんこんが入ることでもっちり感、ジューシー感も増し、サクサクとした食感も楽しい、 極上の肉団子になりました。
定番の黒酢ソースでお召上がりください。

 

 

以上です。

早速わたしも2つ購入しました。

 

寄付されている方、支援に現地に向かう方、チャリティ品の販売をされる方など。

企業でも個人でもそれぞれが出来ることから、少しづつでも支援の輪が広がっていくことが大切だと思います。

 

まだまだ復興はこれからです。

被災された皆様の日常が一日も早く戻ることをお祈り申し上げます。

 

秋田味商でも出来ることからということで微力ながら、この他にもチャリティ販売と現地へ炊き出しに行かれる方に比内地鶏食材の提供をさせていただきます。

 

秋田味商

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントする
テーマ:日常のお話,比内地鶏話

秋田味商の工藤です

 

昨年のブログ更新から早3か月・・・年も明けすでに2月になろうとしております・・・

 

今更ながら、2024年も宜しくお願い申し上げます。

 

昨年11月頃から非常に慌ただしい日々を過ごしておりました。

沢山のご注文をいただき本当にありがとうございます。感謝感謝です。

 

年が明け、落ち着きそうな感じでしたが、そんなこともなく溜まりに溜まっていた仕事もありつつ、新しい商品開発も猛スピードで進めております。

 

新しい商品作りの時、まずは作っては食べます。

 

まずは感覚で作ったものを数値化(レシピ化)し、

そこからは食べては修正、修正してはまた作って食べる。完成するまで延々とこの繰り返しです。

何品も同時進行しているため試作品も次々と沢山できていきます。

 

『出来立てはおいしいけど、数日保存した後はどうだろう』

『冷凍して解凍してみると、どう変わるだろう。』などなど、試すべきパターンも多い。

 

それこそ会社でも家でも試食しないと試しきれないわけで。

誤解を恐れず言うと、もう食べたくない時でもとにかく食べなくてはいけません。商品開発とはなかなか過酷な仕事なのです。太りますし(それは自分の問題か。笑)

 

「試食いいなー、喜んで手伝うよー!」と知り合いからは良く言われますが、納得してないものを人に食べてもらうわけにもいかないんですよね。。。

 

 

ということで、

「味商の商品はやっぱり美味しいね!」と喜んでいただけるよう、新商品開発を日々頑張っております。

 

2024年も世の中に秋田の美味しいものを増やしていけるよう頑張って参ります。

 

今年も宜しくお願いいたします。

 

PS

昨年後半にHPがリニューアルしました

 

よりお買い物もしやすいように企業ページとオンラインショップを別々としました。

 

秋田味商HP

秋田味商オンラインショップ

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントする
テーマ:お気に入りあれこれ,日常のお話,比内地鶏話,限定商品

毎年、出店しております名古屋タカシマヤの人気催事『大東北展』。今年も11月2日~8日までの1週間、出店いたします!

詳細は専用サイトのコチラ

 

2023年、第13回目となる大東北展、今回のテーマは『お祭り』

 

ということで、今回は東北のお祭りの屋台メニューも登場。

秋田味商では、実際に屋台で販売し大人気の『比内地鶏 炭火焼き』を販売いたします

※実演はありません。パック包装した商品の販売になります

また、今年も看板商品の『せり付き 比内地鶏きりたんぽセット』も販売いたします

 

 

そしてそして、秋田山形でしか売っていない地域限定の大人気商品

行列店 琴平荘と比内地鶏のコラボ商品

琴平荘×比内地鶏中華そばも、限定販売します(東海エリアで販売するのは、この大東北展だけ)

 

今年も秋田の美味しいものをご用意して名古屋タカシマヤでお待ちしております。

催事の詳細はコチラから

 

比内地鶏メーカー秋田味商

 


コメントする

当サイトに掲載または使用している画像、デザイン及び文章は個人利用を除き、商用での無断使用は固くお断りしております。
必ず(有)秋田味商に連絡の上、許諾を得ていただきますようお願い致します

Copyright © 2008-2024 Akita Ajisho.