テーマ:お気に入りあれこれ,比内地鶏話,釣り話

比内地鶏メーカー秋田味商の工藤です

 

たまには普段のお話

 

個人的に怒涛の忙しさだった5月6月

忙しくなると疲労も溜まりゆっくり休むことも必要ですが、私の場合は疲れてきても好きなことをしないと疲労の上にストレスが溜まってきます・・・

 

そんなことで少し空き時間が出来たとある休日。

3時間ほど釣りに行ってきました。

 

そういえばこのブログも当初は頻繁に釣りネタをあげてましたが、最近はめっきり・・・苦笑

 

ブログの記事毎のアクセス記録を見ると、商品紹介より圧倒的に釣りブログのアクセスが多いですね。

それはそうですよね。釣りの情報を求める釣り人は多いし、自分もネットで情報拾いするし。

 

釣りネタを書くことで、大勢の方が記事を読みに来る。

あわよくばそこからウチの商品を購入・・・みたいなことを考えたりしますが、そう簡単に魚もお客さんも釣れるものでもありません笑

 

さて

 

この季節。手軽に行けるキス釣り

 

一番近いところだと家から15分で行けるし、ちょっと行ってちょっと釣りして帰る、みたいな気楽さが最高です。

何よりキスは美味しいですしね

 

この日は1か所目が不発。

アタリが少なすぎるのと、他の釣り人を見てもどうも釣れていません

 

すぐ移動。2か所目は出戸浜

住まいは秋田市ですが地元はここ天王。

 

出戸浜海水浴場、かなり久しぶりに来ました。

中学の夏休み。野球部の練習が午前だけだったりすると友達とチャリ乗って海水浴に来てたな・・・懐かしい。

 

そんな想いで深い出戸浜ですが何というか、一番目につくのが「砂浜が無い・・・」ということ

 

全国各地で見られるようですが、ここ出戸浜も砂にどんどん浸食されて、浜が10mもないですね。

昔はビーチバレー大会をやるくらい広い砂浜だったのになぁ・・・

 

さて。キス釣り。

ポツポツとアタリも出てきました

サイズもまぁまぁ

 

生きているキスは透明感がありキラキラと美しいく輝いてます。

これこれ!夏はやっぱりこれだよな~

 

ビクビクッと竿先に来る独特のアタリ

大型魚のヒキとはまた違う何とも言えない楽しさがキス釣りにはあります

 

しばしの感、仕事も色んな事も忘れ(笑)、ひたすらに海に仕掛けをキャストし、海と遊んできました

 

「人生を愉しむなら釣りを覚えなさい」みたいな偉人の言葉がありますが、本当にそう思います

 

釣りは同じ場所に行って同じようにやっても同じ場面は二度とありません

 

季節が変われば魚も変わる

天気や時間が変われば状況も変わる

狙う獲物によって仕掛けも場所も時間も餌も変わる

潮の流れも日々違う

 

当り前だけど釣れる日も釣れない日もある

釣れないからこそ次こそはと考えてみる

 

どんどん考えていくと、魚を釣るということは魚の習性、生態まで調べ始める

 

生態に合わせて深夜でも早朝でも釣りをすることもある

 

目的に合わせてまさにあの手この手を考えて行動してみる

1人でも行けるし何時でも出来るし冬でも出来る

 

ほんとに飽きることのない愉しみだとつくづく思います。

 

やや難しい話になりましたが、要は美味しいキス天も食べれて満足した時間でした!

 

あと1か月半もすれば大好きなアオリイカ釣りのシーズン

 

まず、その前にもう少しキスを愉しみたいと思います

 

冷やし中華とは違う、飲み干せるほど美味しい冷たいラーメン 【冷やし鶏中華そば

夏限定の大人気のロングセラー商品です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントする
テーマ:お気に入りあれこれ,日常のお話,秋田な人達,農場に行きました,限定商品

比内地鶏メーカー秋田味商の工藤です

 

今年も発売スタートしています。が、残り3週間です!!!

大人気の数量限定&期間限定の生じゅんさい鍋です

発売スタートしましたが、すでに残り期間は3週間しかないという、短期間しか販売しない限定品です

 

毎年楽しみにしているお客様をはじめ、すでに沢山のご注文をいただいております。ありがとうございます。

 

じゅんさい鍋と言っても、そこは比内地鶏メーカーの鍋。

比内地鶏の肉につみれ、スープ。さらには稲庭うどん、山菜のミズまで入っている超豪華な生じゅんさい鍋

 

夏なのに鍋?と思いますが、生じゅんさいはこの時期だけの旬。

アツアツの比内地鶏スープにじゅんさいのゼリーが溶け出し、トロミのついたスープは絶品。これはジュンサイの産地ならではの定番の食べ方なのです。

 

スープは、きりたんぽ鍋と同じ醤油味の比内地鶏スープ。比内地鶏の鶏ガラからじっくり炊いて作る当社自慢のストレートスープでお召上がりください。

 

※7月9日まで販売予定ですが、収穫の状況、注文数によっては早期終了もありますので、ほんとお早目にご注文くださいね。

ご注文はコチラから

 

ーーーーーーーーーー

某日。

私もじゅんさい採り体験に行ってきましたので、少しご紹介

 

じゅんさいの一大産地、秋田県三種町(みたねちょう)観光協会でやっている、じゅんさい摘み取り体験

コチラから事前予約し一人2500円で3時間の摘み取り体験が出来ます。

昨年に続き2回目のチャレンジです!

 

数か所の沼がありますが、昨年と同じ沼をリクエスト。

すでに10名程が摘み取りをしています。関西からのテレビクルーも取材に来ている人気ぶりでした。

 

二度目なので早速小舟に乗ってスタート

これがじゅんさい。水生植物で若芽の部分を食べます。

若芽の部分の下の茎を爪でプチっと切るように摘んでいきます

もうね、ぶるんぶるんですよ。ゼリーが。

 

188cmの巨大な私が乗ると舟が沈みそう笑

舟の片方に極端に体重をかけすぎず、前方にもかけすぎず、棒で進んだり舟を止めたり。

とにかくずーっと前かがみになって葉の下に隠れているじゅんさいを探しながら摘んでいきます。

 

こんな時に釣りで使ってる偏向サングラスがめちゃくちゃイイ仕事をしてくれました。(水中がハッキリ見えます)

 

1時間ほどで1kgほどの収穫。

この日は2時間半ほどで合計2.5kgほど採ってきました。

 

しかし、この作業・・・腰と足がかなりパンパンになります。

数時間も前かがみになり、舟のバランスを無意識に取るため足にもそれなりに力が入っているようです

 

30分に一度くらいは足を延ばし、腰を伸ばし、「アー(汗)腰痛いー(汗)」と呻きながらの作業。

舟を降りた後は身体が固まっていて、小鹿のように足をプルプルさせて歩くはめになります。

 

沢山穫れるとはいえ、一日3時間が限界か。。。

 

じゅんさいは年々値段も上がり収獲数量が減っており、どんどん希少になってきました。

 

理由としては、異常気象の連続(酷暑、大雨など毎年何かしらある)により、収穫時期が短くなったり生育が悪かったり

 

あとは、やはりこの態勢での長時間作業。。。採り手が減っていることも大きな理由。

私だけでなくこれは誰でも腰や背中が悲鳴をあげます

 

さらに農場の方に聞いたところ、普段から沼の雑草採りを常にしなければいけないそうです。

じゅんさいは雑草に弱く、そのままにすると雑草に負けて栄養がとれず生育が悪くなるのだそうです。

 

ということは、じゅんさい採りだけでも重労働なのに、雑草取りも同じように腰をかがめて採り続けるということ。

これは、採り手がどんどん少なくなってきている理由も理解できますね。

 

そんな理由もあったりで、じゅんさいはどんどん希少で高価になっています。

それでも生産者の方はあまり割りに合わないとも聞きます。

 

じゅんさいをこのくらいの価格で食べられるということは、沢山の労力と苦労が裏側にはあるのですね

感謝しなければいけませんね

 

 

比内地鶏メーカー秋田味商

今だけ。比内地鶏がたっぷり入った旬の生じゅんさい鍋のご注文は7月9日まで(予定)

 

 

 

 

 

 


コメントする
テーマ:お気に入りあれこれ,日常のお話,比内地鶏話,秋田な人達

比内地鶏メーカー秋田味商の工藤です

 

 

今年も屋台で出店いたします

これが秋田だ(コレアキ)2024 食と芸能大祭典

5月25日(土)10:00~20:00

5月26日(日)10:00~17:00

 

今年もアゴラ広場(今回はFONTE側にいます)にて屋台出店

 

 

人気の炭火焼きの比内地鶏、親どりに、比内地鶏の鶏もつしぐれ煮、秋田の日本酒、ワイン、サントリー角ハイボールなどご用意してお待ちしております!

その他にも秋田の美味しいものの屋台がズラリと並び、秋田駅前広場、ナカイチも両日は食べ物屋台が目白押しです。

 

 

比内地鶏メーカー秋田味商


コメントする
2024年4月25日

趣味

テーマ:お気に入りあれこれ,日常のお話,秋田な人達

比内地鶏メーカー秋田味商の工藤です

 

「ブログ見てますよ」と言われることが、自分で思っているより多くあります笑

(あまり見る人もいないと思ってる)

 

そして、お決まりのように「更新してなくてすいません笑」と返すのですが。。。

 

「せめて月に一度は更新しよう」と思ってはいるので今月も忘れずに、ギリギリで更新したいと思います笑

 

さて、タイトルは「趣味」

 

多趣味なほうなので名刺の裏に「趣味」を紹介しているくらいです。

これは初対面の方とも趣味の話から意気投合することもよくあることなので、あえて載せています。

趣味が一緒だとすごく話やすくなります笑

 

さて、この時期にワクワクするほど好きな趣味が「山菜採り」。田舎ならでは、秋田ならではの趣味。

 

山菜採りだって立派な趣味だと自負しています。

今年もこんな感じで

 

タラの芽

 

ワラビ

コシアブラ

 

葉山葵

 

コゴミ、などなど。

春の味覚を楽しんでます。

 

この季節は山林を車で走ると、それはもうよそ見ばかりで・・・特にタラの芽を探す目線がハンパありません

 

自分では「タラの芽EYE」と呼んでおり、タラの芽を探すセンサーのごとく、目(EYE)が慌ただしく動くわけです

 

きっと山菜採りの人は気持ちわかりますよね笑

 

私の山菜採りは「採る楽しみ以上に、どう美味しく食べるか」

 

なので

ワラビのアク抜きは毎回少しづつ変えて、より美味しい状態を目指してみるし

 

タラの芽は天ぷらがもちろん美味しいのですが、より楽しく食べる場面なんかも考える

 

この日は趣味のキャンプで、天ぷら

 

 

最高でしょ?笑

採ってすぐ外で天ぷらですよ笑

 

旬のホタルイカも一緒に揚げてみたり。

どこの店で食べるより贅沢だと思ってるし、最高の時間です

 

そんな最高の山菜も旬は短い。

とうぜん短期間に集中して食べることになるので、同じ食べ方ばかりだとどうしても飽きる

 

タラの芽の天ぷらは最高だけど、週に何度も食べてるとさすがに・・・

 

ということで色々、美味しい食べ方を考えてみるのが、これまた私なりの山菜採りの醍醐味

 

旬の桜エビとタラの芽のご飯

 

タラの芽ご飯は私の自信作。

タラの芽は一緒に炊かずに茹でてから白だしなどに浸して、炊きあがったご飯に混ぜるのが香りも食感も良くオススメです。

桜エビの香ばしさとも相性も抜群でしたね。

 

趣味の話は楽しいので延々と書いてしまいそうなので、今日はこの辺で終わります笑

 

まだまだ山菜も始まったばかり

 

どんな美味しい食べ方をしてやろうかと楽しく考えております

自然の恵みが沢山ある秋田が大好きです。

 

PS

自分の山菜スポットは何か所もあるのですが、昨年の大雨の増水でほとんど地形や状況が変わっておりました・・・

自然の変化を感じるのもまた山菜採りですね

 

熊にも遭わないように気をつけます

 

比内地鶏メーカー秋田味商

 

キャンプ好きな社長が作った、キャンプ、アウトドアでめちゃくちゃ活躍する比内地鶏スープシリーズ

 

 

 

 


コメントする
テーマ:お気に入りあれこれ,比内地鶏話,潟上市のこと,秋田な人達

秋田味商の工藤です

 

昨年10月に初開催し大勢のお客さんで賑わった【かたがみ市 蔵マルシェ】の2回目を開催いたします

 

今回は、小玉醸造さんの人気イベント【酒蔵開放】の第43回目と合同開催!

 

毎回すさまじい数の来場者で賑わう小玉醸造さんの酒蔵開放もコロナ禍により今回は4年ぶりの開催となるようで、

おそらく多くの酒蔵開放ファンが待ち望んでいたと思います

 

蔵マルシェでは、潟上市で事業や店舗、活動、お仕事をされている方達が集まり、マルシェとパフォーマンスを行います。

キッチンカーも3台登場し、合計20店ほどの出店がありますので、かなり賑やかなイベントになりそうです!

 

秋田味商では、毎回イベントで大人気の「炭火焼き」を販売します(半年ぶりの屋台!楽しみです!)

(昨年出店のイベント、これが秋田だ!の時の写真)

 

炭火焼き以外にも

「比内地鶏出汁おでんいいかな~」

「とりもつ煮いいかな~」と悩み中・・・

 

日本酒イベントだけにツマミになりそうなメニューを、炭火焼き以外にも出します(いつもギリギリまで悩むところ・・・)

 

美味しい比内地鶏メニューを中心に出店いたしますので、お待ちしております!

 

【第2回かたがみ市 蔵マルシェ&第43回 小玉醸造 酒蔵開放】

日時:2024年3月30日(土)10:00~15:00

会場:小玉醸造(潟上市飯田川飯塚字飯塚34-1)

イベントのお問合せ先:小玉醸造 TEL018-877-2100

※建物内でのイベントにつき雨天決行

 

追伸

かたがみ市(いち)実行委員会メンバーを募集しております。

「自分達で潟上市に楽しい場を作っていきたい!」と賛同いただける方、ぜひお待ちしております。

1人の行動、想いが周りも街も状況も変える可能性があるはずです。

自分達が楽しめる場所を作っていきましょう!

 

 

比内地鶏メーカー秋田味商

 

 

 


コメントする

当サイトに掲載または使用している画像、デザイン及び文章は個人利用を除き、商用での無断使用は固くお断りしております。
必ず(有)秋田味商に連絡の上、許諾を得ていただきますようお願い致します

Copyright © 2008-2024 Akita Ajisho.