テーマ:お気に入りあれこれ,日常のお話,男の料理,釣り話

秋田味商の工藤です

 

夏のとある早朝

久しぶりに会う友人とキス釣りに

 

キス釣りは専用のタックルも持ってないので、いつもシーバスロットを流用

竿立ても流木で十分。風情があって流木がいいくらい

 

前日まで雨続きで海の濁りが気になってましたが・・・

 

小さめながらもポツポツと良い反応

 

この日の夜に5人で飲む予定になっていて、いわば食べるための釣り

 

「夜はキス天で飲むぞ!」と宣言した手前、最低ノルマは5人×2匹=10匹以上

 

キスは釣れる日はいくらでも簡単に釣れますが、ダメな日は全く・・・という両極端な釣りなので、とりあえず開始直後にパタパタ釣れると少し安心します

 

キス釣りが久しぶりの友人も無事釣れて、楽しそうで良かった!

 

なかなかサイズが伸びないけど、良しとしよう!

 

とりあえず20匹ほど確保したので終了。

帰宅後はすぐ下処理

釣りたては光沢があって本当に美しい

このまま刺身で食べたいのをグっと抑えて・・・

 

タッパーに入れ、後は馴染みのお店に持ち込み

釣った魚を調理してくれるお店があるのは有難いですね

天ぷらでいただきました。

釣りたてサイコー!甘くてホクホク!

 

平和で良き時間でした

キス釣り、秋までまだまだ楽しめそうです

 

比内地鶏メーカー秋田味商

東北一の中華料理との呼び声高い、仙台の名店KUROMORIの点心をご自宅で


コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

コメントは管理者の承認後に表示されますのでご了承ください。

CAPTCHA


当サイトに掲載または使用している画像、デザイン及び文章は個人利用を除き、商用での無断使用は固くお断りしております。
必ず(有)秋田味商に連絡の上、許諾を得ていただきますようお願い致します

Copyright © 2008-2024 Akita Ajisho.