テーマ:日常のお話,潟上市のこと

比内地鶏メーカー秋田味商の工藤です

 

先日、5回目となる潟上天王ふぐ販売促進協議会に出席してきました

 

この日は天王ふぐを使った料理の試食ということで、昼食を兼ねていただいてきました

 

定番のてっさ(とらふぐ刺し)

 

 

唐揚げ

 

陶板焼き。これは珍しい

 

 

 

 

煮物

 

白子グラタン

 

ちなみに私は毎回「ふぐコロッケ」をやりたいと言っています笑

 

ふぐのコロッケがいいかは別として考えるポイントは3つ

 

1.季節を問わず年中、手軽な調理で提供出来ること

2.ふぐをミンチ原料にすれば、ふぐのサイズや種類にこだわらず使えること

3.そのままでも良し、定食、パンにサンドするなど用途が広がる可能性があること

 

いずれにせよ「へぇー!」とか「食べてみたいかも!?」と気になるような仕掛けは必要かと思います

 

ふぐコロッケ・・・「へぇー!食べてみようかな」って思いません?(コロッケに執着しすぎ笑)

 

ふぐの産卵地の北限と言われる秋田

その中でも一番の漁獲量があるのが会社の裏にある江川漁港

 

 

せっかく取得した私のフグ販売免許も活用したいところです

 

比内地鶏メーカー秋田味商

おかげさまで110万食!年に一度の謝恩キャンペーン中です!

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

コメントは管理者の承認後に表示されますのでご了承ください。

CAPTCHA


当サイトに掲載または使用している画像、デザイン及び文章は個人利用を除き、商用での無断使用は固くお断りしております。
必ず(有)秋田味商に連絡の上、許諾を得ていただきますようお願い致します

Copyright © 2008-2024 Akita Ajisho.