2009年2月18日

秋田のお好み焼き

カテゴリー:料理&レシピ
秋田もすっかり真冬に戻った感がある、ここ数日


冬は嫌ではないけど、雪はあまり好きじゃない店長の工藤です




さて!これはなんでしょう!?



皮をむいた長いも。はい、そのまんまの答えです



山いも


昨夜、ワタシが参加している会合があり、2月は私が企画担当する順番でした。

その例会の中身はワタシが企画してイイってことで、「みんなでお好み焼き作ろうぜ~」ということになりました。


ただ作ってもおもしろくないので、「秋田のお好み焼き選手権」と名づけ総勢35名!5チームに分かれ競っていただきました


各チームとも予算内で「いかに秋田らしいお好み焼きを作るか?」というアイディアを練り、当日を迎えました



予想通り、全チームが「秋田の食材」を使うことで「秋田らしさ」を出してきました!



そして我がチーム(ワタシの独断です。笑)は


☆田沢湖の虹の豚(この豚最高ウマイんす!)

☆ひきわり納豆(秋田が発祥とされる納豆)

☆秋田産 長いも(細かく切ってサクサクネバネバ感を)

☆とろけるチーズ(これはワタシが好きだから。それだけ)


以上を入れて焼いてみました


で、出来上がりはこんな感じ~



お好み焼き1



ん~おいしそう☆



中を割ると~



お好み焼き2



チーズがトロ~り納豆入りでトロ~リ長いもがサクサク~



そして、虹の豚も最高



こりゃウマイ!!!



と、思ったら・・・・・・・・・・・・・







ん~なんだかハッキリしない味だねなんてご意見も。。。



たしかに納豆&チーズ&長いもで、まったりしていましたが。笑


「美味しい!」って人と「いまいちかな」って人に分かれてました残念。。



でもワタシ的には




最高ウマかったです笑。



まぁそんな好き嫌いのある味のせいか、結果は3位


ちなみに一位は、秋田産の生がきやオリジナルソースなどを使ったチームの優勝でした!

これは納得の美味しさでしたね~


笑い声のたえない楽しい雰囲気の中、秋田のお好み焼き選手権は幕を閉じました。


余談を1つ。


お好み焼きの審査は5人の審査員が20点の持ち点で審査し、合計100点満点で競いましたが、ある一品が満点を獲得しました。




それは・・・・・・・・・・・・












主役のお好み焼きとは別に、私がパパっと作って用意した



比内地鶏とキノコいっぱいの鍋



審査用紙の端に2人の審査員の方が小さく「工藤の作った鍋満点!」と書いてました。


ある意味、これが一番嬉しかったです。笑



だって比内地鶏まるごと1羽使って、ウチのスープで作ったんですからね

これは旨いでしょ


一羽
ボリュームたっぷりの比内地鶏の1羽分のセット売ってますよ

           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

美味しいきりたんぽ鍋、比内地鶏のお取り寄せのお店 【秋田味商】

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

コメントは管理者の承認後に表示されますのでご了承ください。

当サイトに掲載または使用している画像、デザイン及び文章は個人利用を除き、商用での無断使用は固くお断りしております。
必ず(有)秋田味商に連絡の上、許諾を得ていただきますようお願い致します

Copyright © 2008-2021 Akita Ajisho.