味商について

味商のこだわり

味商のこだわり

~創業~
きりたんぽ鍋 当店のスタートは平成3年になります。
創業する前から社長は、他の会社でもきりたんぽ鍋の仕事をしておりましたから、20年以上きりたんぽ鍋作りに関わっているということになります。

「味商のきりたんぽ鍋って他とどう違うの?」

当店のきりたんぽ鍋は、いたって普通です。
ただし普通というのは、「どこにでもある」という意味ではございません。


当店の社長は、きりたんぽ鍋の本場、秋田県大館市の出身。
小さい頃から、郷土料理であるきりたんぽ鍋に親しんでおりました。


社長がきりたんぽ鍋の会社を始めたきっかけがそこにあります。


学校を卒業後、仕事の関係で大館市から秋田市で働くことになり、
愕然としたそうです。

「秋田市の店で出てくる、きりたんぽ鍋は何故こんなに美味くないんだ!?」

そんな想いを持ち、

「俺が美味しい本場のきりたんぽ鍋を作ろう!」

という想いで創業に至ったのです。
~故郷の味、そして母の味~
きりたんぽ鍋 当店のきりたんぽ鍋は普通です。
それは、社長が昔から食べなれた故郷の味、ということです。

人参、椎茸、しめじ、油揚げや白菜などなど。。。。
同じ秋田県といえども地域や店が変わると、ビックリするような食材が入っているきりたんぽ鍋があります。

きりたんぽ鍋 本場大館のきりたんぽ鍋は、
  • きりたんぽ
  • 比内地鶏(家庭によって肉だんごも)
  • ガラスープ
  • ねぎ
  • せり
  • ごぼう
  • 舞茸
  • 糸コン
これが基本的な食材です。
先に出てきた食材がダメとは言いません。色々な味を、ご家庭で楽しむのは良いことだと思います。
(私もナメコを入れるのが大好きです)

しかし、当店は考えます。

秋田の味、料理を県外の方にきちんと伝える責任がある


当店のきりたんぽ鍋は普通です。
普通に昔から食べていた内容を大事にしているのです。
そして、社長が小さい頃から食べていた味を大切にしています。
~手作りの炭火で焼くきりたんぽ~
新米のあきたこまち 手作りの炭火で焼くきりたんぽ

炭火で焼いた手作りきりたんぽ。
ご飯が原料になるきりたんぽを焼くと香ばしいおこげのような良い香りが広がります。

手作りで作られるきりたんぽは一本一本表情が違い、それはまさに秋田のお母さんの手料理を食べているような気持ちにさせてくれます。

使っているお米は秋田産の「あきたこまち」ではなく実は「ササニシキ」。
秋田といえばあきたこまちのイメージが強いですが、昔からきりたんぽに使われていたのは圧倒的に「ササニシキ」なのです。
それが今では「収穫量が減り手に入りにくい」という理由と「秋田=あきたこまち」というイメージが強くなり、ササニシキを使う店が少なくなりました。

餅米の要素も強いもっちりとしたあきたこまちに比べ、米の食感がしっかりあるササニシキは美味しいきりたんぽ作りには欠かせないことは、秋田の昔の人達が一番良く知っています。

秋田味商では昔ながらの「ササニシキの手作りきりたんぽ」でお届け致します。
~たっぷりのストレートスープ~
たっぷりのストレートスープ

スープ作りは創業から、ずっと同じ作り方をしています。
比内地鶏のガラや昆布、野菜などを入れた寸胴を朝早くから煮出し始め、約5時間クツクツと煮出しております。


そしてその煮出したスープは、水で薄める濃縮タイプではなく、ごまかしの効かないストレートスープとなります。
これは創業から変わらぬ味です。

そして鍋セットには多めのスープをお付けしています。

「スープの少ない鍋は、美味しくない!」という
こだわりは自己満足かもしれません(笑)
でも、当店では、スープはたっぷりお付けしたいのです。

そして一見、味が濃そうな色をしておりますが、
これは旨みのある濃い口醤油を使っているためです。
決して、醤油の量が多すぎるという訳ではございません。

また、味付けはきりたんぽ鍋の具材を入れて
出来上がった時に美味しくいただける味付けにしております。

科学調味料をたっぷりと使い、それだけで味を調えるような
スープではなく、鍋のベースとなるような味にしています。
~使いやすい野菜パック~
当店の野菜はすべて秋田産ではございません。もちろん秋田産で揃えることも可能です。

しかし野菜は、季節や天候により品質が大きく左右され、当然味にも出てくると、当店では考えております。
カット野菜

「餅は餅屋」というとおり、野菜に関しては野菜のプロである
信頼ある業者さんに産地をお任せして仕入れております。
もちろん国産の野菜です。

そして、当店では手軽にきりたんぽ鍋を味わっていただきたいので
野菜は、カットしてパックしており、そのまま使えるようにしております。
こちらは、お客様に大変ご好評いただいております。
~比内地鶏~
比内地鶏 きりたんぽともう1つの主役、比内地鶏。
当店では比内地鶏の本場、大館市比内町で飼育された比内地鶏を仕入れております。

比内地鶏に関しては、店長である私が責任を持って農場も視察し、しっかりと飼育状況を見てきております。
ブログにも農場へ行った様子は随時アップしてしております。

当店は「きりたんぽ鍋と比内地鶏のお店」という通り、きりたんぽ鍋以外に、多くの比内地鶏商品を製造、販売しております。

日ごろから様々な料理をし、

「比内地鶏のモモ肉はこんな食べ方が美味しい!」
「手羽先はこんな特徴だから、こうしたほうが美味しい!」

常日頃から比内地鶏のことばかり考えている(笑)私だからこそ、ご提案できるメニュー(商品)をご紹介しております。

そして、もちろんモモやムネなど、お肉も美味しいのですが、他店では売っていない美味しい砂肝、ボンジリ、レバーなどもご紹介しております。

比内地鶏の業界ではほとんどが「一羽売り」といって一羽丸ごとの販売が主流で部位ごとの販売はしていないのですが、

当店は比内地鶏の専門店として、お客様にお応えすべく、
部位ごとのバラ売りをしております。

これは、より多くの皆様に、自慢の美味しい比内地鶏を
食べていただきたいからです。
ただし、確保できる数に限りもあり、品切れする場合も
ありますので、その時はご了承ください。


これからも店長 工藤が他店にはない、「この食べ方は美味しいですよ!」と自信を持ってオススメ出来る新しいメニュー(商品)開発をしていきたいと思っております。

注)こちらの説明は本サイトで販売している「きりたんぽ鍋セット」についての説明です。
秋田味商が運営する本サイト及びヤフー店以外で販売する別規格の場合は、以上の通りではございませんのでご了承ください。

ページトップへ