テーマ:目指せ100レシピ!

自宅で極上うどんを食べましょう!

では、実際に作ってみましょう!

比内地鶏マイスターを目指す店長の日本一の比内地鶏ブログ-比内地鶏の鶏塩うどん

材料(2人前)

比内地鶏の鶏塩スープで食べる稲庭うどん

・スライスレモン1枚(8等分のイチョウ切にする)

・黒胡椒

・ネギ1/2本

・カマボコ4枚(お好みで)

・時間を計る時計など(これ必ず!)

↓ワンポイント↓

稲庭うどん(いなにわうどん)は、日本3大手延べうどんの1つとされ、

熟成に熟成を重ね、4日間かけて作ることで、細い麺なのですが

素晴らしいコシのある、そしてツルツルとしたうどんなのです。

職人の完全手作り、そして4日間もかけて作られるため、

お値段も日本一高いうどん。

そして、この最高の麺を最高に美味しく食べるには

茹でる際にコツと準備があります!

美味しく食べたいアナタ!

私におまかせください!(^O^)/

このレシピ通りにやればバッチリです!

~ということで下準備をしましょう~

・カマボコは5mm程度に切っておきます

・ネギも切っておきます

・丼はお湯をはって温めておきます。

(スープも袋のまま丼のお湯に浸して温めておきます。)

比内地鶏マイスターを目指す店長の日本一の比内地鶏ブログ-鶏油たっぷり

・スープ用の熱湯を600ml以上準備します

(1人300ml使います)

では、いきます!

①2リットル以上のたっぷりのお湯を沸かし稲庭うどんを茹でます。

比内地鶏マイスターを目指す店長の日本一の比内地鶏ブログ-稲庭うどん

②沸騰したお湯に、うどんをパラパラと入れます。

2人前は200gです。

時間はココからキッチリ2分30秒計ってください。

ここで注意!

麺を入れてそのままにしておくと、麺同士がくっつき固まりに

なってしまうので、必ず始めの20~30秒は箸で麺

ほぐすようにしてください

麺がくっついて固まると、後からでは手遅れです。。。。

比内地鶏マイスターを目指す店長の日本一の比内地鶏ブログ-稲庭うどんを茹でる

火力は、写真のように麺が下から上へグルグル泳ぐくらいの状態。

沸騰して泡立つのは火力が強すぎます。

麺が動かないようだと火力は弱すぎます。

③麺を茹でてる間に手早く丼のお湯を捨て、

スープの中身を丼に入れて、熱湯300mlを入れます。

丼を温め、スープも温め、さらに熱湯を入れることで、

お店のように熱々のスープでいただける訳です。

ぬるい麺は、美味しくありません。

比内地鶏マイスターを目指す店長の日本一の比内地鶏ブログ-茹で具合

2分30秒茹でた状態です。

実はここでは、少し固めに茹で上げてます。

まだ完成では、ないんですね。

最高のうどんを食べるまでに、もう一手間です。

④茹でた麺をザルに移し、手早く流水で冷まし、

麺が手で触れるくらい冷えたら、

表面のヌメリを取る様に両手で麺を強く揉み洗いします(15秒くらい)

麺を茹でたお湯はまだ使いますので、捨てないでくださいね。

お湯は沸騰させておいてください。

比内地鶏マイスターを目指す店長の日本一の比内地鶏ブログ-水でしっかりもみ洗い

この時、きっと麺のコシの強さに驚きます。

ちょっと位強く揉み洗いしても、切れることはありません。

さすが稲庭うどん!!!

こうして冷水で麺を一度ピシっと〆るわけです。

こうすることで、コシのある麺が更にコシが出るわけです。

⑤再び、麺を茹でていた熱湯に麺を入れます。

ここでは茹でる訳ではなく、冷えた麺を温める目的です。

約20秒程温めたら、ザルで再度お湯を切り、

スープをはった丼に麺を入れます。

比内地鶏マイスターを目指す店長の日本一の比内地鶏ブログ-スープが美味しそう

美味しそうですね~!!!!もう少しで完成ですよ!

ネギ、レモン3~4切れ、カマボコ、そして七味ではなく、

黒胡椒を振って完成!!!!

うどんにレモンですよ!レモン!

こってり鶏ダシにレモンの柑橘系の酸味にピッタリ!

比内地鶏マイスターを目指す店長の日本一の比内地鶏ブログ-レモンスライス

比内地鶏マイスターを目指す店長の日本一の比内地鶏ブログ-塩レモンスープ

出来ました!

比内地鶏の鶏塩レモンスープで食べる稲庭うどんです!

自宅でこんなレベルのうどんが食べれるなんて、本当にオススメです!

比内地鶏の鶏塩スープで食べる稲庭うどんの店 秋田味商


コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

コメントは管理者の承認後に表示されますのでご了承ください。

当サイトに掲載または使用している画像、デザイン及び文章は個人利用を除き、商用での無断使用は固くお断りしております。
必ず(有)秋田味商に連絡の上、許諾を得ていただきますようお願い致します

Copyright © 2008-2017 Akita Ajisho.